予防歯科

予防歯科とは

歯というのは、虫歯になったり、欠けてしまったら、二度と元には戻りません。治療ということで、詰め物や被せ物をしても、それはただの補修であって元に戻ったわけではないのです。永く付き合う歯ですから、大切にしたいですよね。そこで重要となるのが「予防歯科」。

予防歯科ではまず、口の中の環境を整えるところから始めます。具体的には、全体的なお掃除です。歯石や汚れがこびりついた歯は、虫歯や歯周病になりやすいので、念入りにチェックし掃除をします。そして、掃除が終わると、今度は口の中の環境を知るために、「細菌検査」や「唾液検査」を行います。

細菌検査・唾液検査を行うと、口臭や歯周病の原因菌の特定、虫歯になりやすいかどうか、唾液に自浄能力があるのかを知ることができるのです。例えば、食べ物を食べ続ける方は、唾液の酸性濃度が高く、歯が溶けやすいので虫歯になりやすいということがわかりますし、歯の汚れを落とす自浄能力が高ければ虫歯になりにくいということがわかるのです。

この検査結果を基に、3か月に一度、または半年に一度という定期検診の目安となります。

虫歯になりやすい場所を知ろう

「三大不潔域」といって虫歯になりやすい場所があります。

  • 歯と歯茎の境目
  • 歯と歯の間
  • 歯の溝

上記3つが代表的なものですが、それに治療などで補修した詰め物や被せ物と歯の境目が虫歯になりやすいので、治療箇所がたくさんある方ほど、虫歯や歯周病になるリスクは高いです。

一人ひとり環境が違うから・・・

お口の中の環境は一人ひとり違います。検査の結果からそれぞれの方にあった、歯磨きの仕方や生活改善方法のご指導もさせていただいております。
3ヶ月に1度、半年に1度の目安で定期検診を受け、自分の歯を一本でも多く残せるようにしましょう。