小児歯科

いつから小児歯科を受診できますか?

小さなお子様がいらっしゃる患者様より、「ウチの子はいつから小児歯科へ行ったらいいのでしょう?」「小児歯科は何歳からなんでしょうか?」などといった質問をよくされます。歯が生えてきたら?むし歯ができたら?永久歯が生えてきたら?と疑問に思いますよね。

その疑問にお答えします!実は、歯が生える前の「生後半年」から診せてください。

「歯も生えていないのに、歯医者へ行くの?!」と驚かれるかもしれませんね。しかし、美しい歯並びをGETするなら、この時期からがベスト!なぜなら、生後半年というのは離乳食を始める頃で、多くのお母さんはご存知だと思いますが、

  1. 初期・・・滑らかにすり潰した状態
  2. 中期・・・上あごに食べ物を舌で押し付け、つぶせる固さ
  3. 後期・・・歯ぐきで潰せる固さ

と、離乳食は初期・中期・後期と食べ物の固さを段階的に上げていくものです。しかし、この中期を子供の訓練のためにと、すっとばして後期の固さにしてしまうお母さんが非常に多くいのが問題です。上記で説明したように、中期というのは舌を使って食べ物を上あごに押し付けて食べるわけですが、この時の舌の使い方が、キレイな歯並びを作るための重要な訓練になり、いい歯並びは、上手な舌ベロの使い方が重要なカギなのです。ですから、生後半年から小児歯科を受診し、舌ベロを上手に使って食事ができるかを確認することをお勧めするのです。

できるだけ早く診せていただければ、大丈夫です

生後半年からの小児歯科ですが、そのタイミングを逃してしまう方も多いでしょう。また、乳歯が抜けた際にもうすでに後ろから大人の歯が生えていたということが続くと、歯並びが悪く、もう矯正をしなければ治らないのでは?と心配になる方もいるかもしれませんが、ご安心ください。お子様の場合、矯正をしなくても正しく噛む訓練によって、歯並びを修正することは可能です。

歯並びを治すおすすめの方法は、「野菜スティック」を食べること。

  • 前歯で野菜スティックを噛みきる
  • 舌を使って、奥歯へ食べ物を送る
  • 下あごを上下に動かし、ポリポリと野菜を噛む
  • 野菜を奥歯にとどまらせるよう、舌を動かす
  • 野菜が小さくなってきたら、下あごを横に動かし、野菜をすり潰すようにしながら食べる

といった、正しい噛み方を訓練することで、自然と顎が発達し、歯並びも修正されます。お子さんの顎の発達の為にも、野菜は細かく切りすぎず、手を抜いて、噛まないと呑み込めない環境づくりをしましょう。

篠原歯科医院の小児歯科

篠原歯科医院では、小さなお子様も大歓迎。むし歯予防や治療、歯磨きの仕方なども丁寧にご説明します。また、既に歯並びが悪くなってしまったお子様には、歯を抜かずに、寝ている間だけ矯正器具を付けることで歯並びが良くなる、最新の矯正「SH療法」のご提案もできます。

気になることがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。