診療方針

歯が痛くなる前から、歯医者へ行こう

従来の歯科治療は、虫歯になればそこを削って穴をあけ、埋めたり、被せ物をする。歯が足りなければ、入れ歯を入れるといった診療を行ってきました。しかし、最近の歯科治療は、自身の歯を一本でも多く残すために、虫歯や歯周病にならないようにするという、「予防歯科」を重点とした治療に変化してきています。

当院でも、

  • 歯があることによって、食べ物を美味しくたべることができる幸せ
  • 歯並びをよくすることで、発音がしやすくなったり、スポーツをする方であればポテンシャルが上がる
  • 歯を白くすることによって、笑顔に自信がもて、他者とのコミュニケーションも円滑になる など

患者様の生活の質や、ライフワークのスキルを向上させることに重点を置いた、診療を行うようにしています。

悩み等があれば、些細なことでも相談していただき、改善するための対策も建てられますから、歯が痛くなる前の状態から、定期的な検診とクリーニングをおすすめします。